40年後の日本。一見したところ、そこに広がるのは輝かしい未来とはいえない。

2050年、4割近くの日本国民は、65才以上の高齢者。社会保障制度や経済成長にとって、大きなマイナス要因といえる。アジアにおける競争も激化していることだろう。中国のみならず、多くの人口を抱え、急ピッチで成長を遂げるインドネシアといった東南アジア諸国の台頭も予期される。経団連のシンクタンクは、適切な改革が実行されなかった場合、40年もたたないうちに日本が先進国から転落する恐れがあるという見通しを明らかにしている。気候変動の懸念もある。日本を囲む環境問題は深刻化し、環境負担が少ない新たなエネルギー源の模索はより難航することが危惧されている。必要となるダイナミックな意思決定は政治リーダー達に託されるが、今の議会制民主主義の下でそれが実現できるのか、と不安が広がる……。

ただこのような難題を抱えるのは、日本だけではない。ザ・エコノミストが最近発刊した『Megachange: The World in 2050』は、アジア太平洋地域に世界経済の基軸がシフトする中、人類に迫り来る大きなチャレンジと機会を浮き彫りにしている。高齢社会、エネルギーの安全保障、台頭する中国に関する問題…。日本は世界が抱える主要な課題の多くの最前線に立っている。

つまり、日本が面しているのは「逆境という名の機会」なのかもしれない。あくなき改善努力を惜しまない産業革新の精神、高度な技術力、質の高い労働力、未だ眠る莫大な貯蓄。これらは、逆境の中でも繁栄しうる日本の可能性を示している。エネルギー問題や高齢社会に向けた新たなアプローチの創造において世界をリードし、貿易やセキュリティ面などで太平洋コミュニティの柱となることもできるかもしれない。

日本が秘める可能性を活かすには、将来図が必要だ。本年度のジャパンサミットは、政府関係者や企業経営者など国内外のステークホルダーを招き、日本の将来図を明確化すると同時に、世界が迎える激動の時代に向けて日本の優先事項を明らかにする。

 

Looking into Japan’s future, at first glance the next 40 years do not look bright. By 2050, nearly 40% of the country will be over 65 years old, putting enormous pressure on the pension and healthcare system, and diminishing economic growth. Competition in Asia will have grown not just from China, but from other fast-growing, heavily populated countries in the south-east, such as Indonesia. Unless there is meaningful reform, the research institute at Keidanren reckons that Japan could have fallen out of the club of rich nations by 2050. Climate change is likely to exacerbate the environmental problems facing Japan, as will the hunt for new, cleaner sources of energy. Political leaders will be charged with making dynamic decisions, and there are doubts as to whether Japan’s current version of parliamentary democracy is capable of that.
 
Japan is not alone in facing big questions ahead. As the axis of the world economy shifts towards the Asia-Pacific, Megachange: The World in 2050, one of The Economist’s recent publications, explores the huge challenges and opportunities on the horizon. Japan is on the front line of many of the key issues that lie ahead: ageing, energy security and the rise of China, to name a few. But Japan can also turn the future to its advantage. Its relentless spirit of industrial innovation, its technological expertise, its bright workforce and its enormous wealth provide it with the capacity to thrive in adversity. It can give lessons to the rest of the world on how to create new approaches to energy and ageing. It can become a pillar of the new Pacific community, in terms of both trade and security. To achieve that, it needs to map out a vision of where its future lies. This year’s Japan Summit aims to help it do that, drawing on perspectives from around the world, as well as from Japanese political, business and academic elites, to explore the priorities for the dramatic decades ahead. 

    Sign-up to our newsletter

    Never miss out on our latest analysis, opinions and events.

    Join our global opinion leaders’ forum

    Make your voice heard and contribute to cutting edge research!